ワンハンドローイングトレーニングの方法と効果

たくましい背中を実現するために鍛えなくてはいけないのが広背筋。

そんな広背筋を効果的に鍛えてくれるトレーニングこそワンハンドローイングトレーニングです。

ワンハンドローイングトレーニングの効果をしっかりと広背筋に効かせていくためにも、ワンハンドローイングトレーニングの正しいやり方を身に付けておきましょう。

それではワンハンドローイングトレーニングの方法についてまとめていきたいと思います。

ワンハンドローイングトレーニングの効果

背中を効果的に鍛えるためには欠かせないトレーニングであるワンハンドローイングトレーニング。

その効果を最大限にするためにも正しいフォームで行うことが重要です。

用意する物はダンベル。まずは片手と片膝をついて体を地面と平行にします。

背筋はまっすぐにして胸を張り、ウェイトを持ちます。

脇を締めた状態から、息を吸いながらゆっくりとダンベルを上に向かって引き上げ、そして息を吐きながら元の位置に戻します。

この時きちんと広背筋に効果が及んでいるか意識します。

効果が感じられない時はフォームが間違っているので修正しましょう。

片側につき十回×2~3セットが目安になります。

とにかく体勢を安定させて上半身が動かないようにするのが重要なポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする