チューブトレーニングの方法と効果

伸縮性のあるラバーチューブなどを使用して行うチューブトレーニングはその効果の高さと手軽さで非常に人気のあるトレーニングの一つです。

筋肉を鍛えるだけでなく、チューブの使い方によってはストレッチ効果なども期待出来たり、負荷の調整が容易であることなどメリットが多いトレーニングです。

チューブトレーニングは専用のチューブが必要であるとはいえ、チューブ自体は決して高価なものではありませんし、持ち運ぶのも簡単です。

そんなチューブトレーニングの効果などについてまとめていきます。

チューブトレーニングの効果

チューブトレーニングはチューブの使い方によって様々な効果を発揮してくれます。

チューブトレーニングのやり方は基本的に片側を足で踏んだり何かに引っかけたりして固定し、チューブの抵抗を利用して筋肉を鍛えるのですが、チューブの長さを短く持つなどすれば簡単に負荷も変えられますので非常に便利です。

やってみればわかりますが、ウェイトトレーニングなどとは異なる筋肉への負荷のかかりかたをするので、一味違った味わいのあるトレーニングで、手軽で効果が高いので初心者にも非常にオススメできるトレーニングの一つです。

チューブ一つで全身鍛えることが出来るのも嬉しいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする