レジスタンストレーニングの方法と効果

レジスタンストレーニングという単語はあまり聞き覚えがない人が多いでしょう。

レジスタンストレーニングは例えばウェイトトレーニングやマシントレーニング、ストレングストレーニングなどの、筋肉に動きの抵抗となる要素を加えることで筋肉増強効果を見込むトレーニングの総称です。

レジスタンストレーニングは非常に広範なトレーニングを含むものなのですが、体のあらゆる部位の筋肉を鍛える効果のトレーニングが存在しており、非常にポピュラーなトレーニングなのです。

そんなレジスタンストレーニングの方法や効果についてまとめます。

レジスタンストレーニングの効果

レジスタンストレーニングは基本的に何らかの器具を必要とします。

筋力を増大させ、瞬間的に出力できるパワーを向上させる効果があるレジスタンストレーニングはあらゆるスポーツにおいて非常に重要と言えます。

レジスタンストレーニングの効果を十分に発揮するには正しいフォームと適切な抵抗、継続と反復が重要となってきます。

無理して自分にはきつすぎる抵抗を与えても効果が高まるどころか怪我をしてしまう危険性すらあるので注意しなくてはなりません。

チューブなどを用いたストレングストレーニングはやってみると強度の調整なども簡単なのでオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする