インターバルトレーニングの方法と効果

心肺機能の強化において、非常に優れた効果を発揮してくれるインターバルトレーニング。

様々な競技のアスリートが必ず行っているこのインターバルトレーニングですが、具体的にどのようなことを行えばいいのでしょうか。

インターバルトレーニングの方法と効果とをまとめていきます。

インターバルトレーニングの効果

心肺機能を強化し、持久力を向上させてくれる効果の高いインターバルトレーニング。

インターバルトレーニングは中程度から高程度までの強度の運動を、筋肉や心肺の疲労が回復し切らない程度の不完全な回復を挟みながら繰り返すトレーニング全般のことです。

走っても泳いでも自転車でもインターバルトレーニングは行うことが可能ですし、持久力の向上効果も非常に高いものとなっています。

インターバルトレーニングは心肺機能の強化以外にも筋肉の強化や瞬発力の向上、また脂肪燃焼効果が高いことからダイエットにも最適です。

インターバルトレーニングに中でオススメなのはエアロバイクによる高強度インターバルトレーニング。

屋内でできますので雨風の影響をうけませんし、膝など関節への負担も軽くて済むと、良いことばかりです。

太っている人でも始めやすいので、エアロバイクを購入するなら是非挑戦してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする